ブログトップ

WINDS

kanow.exblog.jp

カテゴリ:日記( 436 )

川越スカラ座で『セッション』を観る

土曜日は、埼玉県最古の映画館、川越スカラ座で、
『セッション(原題:はWhiplash)』を観る。
f0165332_22105175.jpg
川越の百万灯夏祭りを見に来たのだが、提灯に灯が灯るには、
まだ早かったので…
この映画を観るのは2回目だが、小生にとっては好きな映画の一つ。

まぁ、内容については賛否両論あるとは思いますが、
小生には、アメリカ的成功哲学の一つが強く感じれれる映画。

もう有名になった、意表を突くラストシーン
(小生は3回も意表を突かれたが……)は、
改めて見て、よりいっそう引き込まれてしまった(笑

しかも、この映画館、レトロな佇まいで、実に素敵。
学生時代観に行っていた、今は無きふるさとの映画館を
思い出す。
確かあの映画館もスカラ座だったな…

しかも、ラ・ラ・ランドもやっているので、また観に来よっと。
(入れ替え性なので、そのまま観れなかった……笑)
ちなみに、このラ・ラ・ランドもアメリカ的成功哲学の
一つが感じれれるんだよね。
こちらのラストシーンもまた、意表をつかれちゃいます(笑
もちろん、監督は同じく、デイミアン・チャゼル。

で、結局、百万灯夏祭りは、雨が降ってきて残念なことに!
コエドビールに鏡山(日本酒)を飲んで、さっさと退散。

映画を観に来た様な土曜日だったけど、この映画なら良いか(笑
















by vacancesclub | 2017-07-31 22:16 | 日記

駅のホームでギョウザを焼く。

月曜日の海の日は、今一番ホットなスポット(笑
JR両国駅で開催中の「ギョウザステーション」へ行ってきました。
f0165332_23142432.jpg
久しぶりに上京した、友人H氏と昼から
「味の素の冷凍ギョウザ」を焼きながら、
ビールでイッチョ上がり(笑

これは、なかなか楽しめました。
冷凍食品といえども、侮れません。
油を使わないで焼けるってのが便利だな〜丸です!












by vacancesclub | 2017-07-19 23:18 | 日記

クー・ギャラリー『飯田信雄展[PARTICLE]』でのトークショー

金曜日は、クー・ギャラリーで開催中の
『飯田信雄展[PARTICLE]』でのトークショー
f0165332_15224733.jpg
『飯田信雄×坂川栄治』に行ってきました。
先ず、今回の飯田さんの作品を見て、見た人はどういう風に
思うだろう…というのに興味がありました。
ピンぼけ、いやピンぼけの範囲を超えている先品もあるし、
過度なハイキーな作品もある。
まぁ、普通に見たら何が撮りたかったんですか?でしょう。

今や、一人一台カメラを持ってる状態に近い時代。
そんな時代を現す様に、街中では何かを撮っている人々で
あふれています。
シャッターを押せば、露出バッチリ、ピントバッチリの
写真がイッチョ上がり。
その様な写真の対局にある様な飯田さんの作品は、
絵画の世界での印象派の挑戦の様にも見える。
そう、飯田さんの作品は、絵画の様にも見える。

この写真を撮るきっかけは、飯田さん曰く「秘密のレンズ」を
見つけたことにあるそうで(ちなみに現行品で売っているそう
です)、独自の使い方でこの様なボケになったりするそうです。
そのレンズの出会に、犬は視力が弱いそうだけど、その犬には
今自分が見ている景色が、どのように見えているのかなぁ…
子供の頃にいだいていた思いが重なります。
光への憧れがこのスタイルへと導いて行きます。
そして、東日本大震災が、このスタイルで植物などの自然を
撮ろうと決めた。

そうやって、出来た写真は、自然の光、植物たち、そして
その場の空気さえもを閉じ込めた作品になった。

ー一応ピントは合わせています。一番きれいなボケに
なる様にーと飯田さん。
そう、ピントは合っているんです。
その言葉に、「ピントはどのように合わせるかはカメラが決めるん
じゃなくて。自分の目が決めるんですよ」、と
聞こえた様な気がしました。

あなたも体験しませんでしたか、子供の頃に見た青空のまぶしい
太陽の光、木々の間の輝く木漏れ日、光に輝く花びら……
うれしくて、ドキドキした遠い日の思いで。
飯田さんの写真のこのボケが、ハイキーな露出が、
そのかすかな思い出の様にも見えてきました。
奥が深いぞこの作品……

大人になって、あの頃の様な気持ちを、最近感じてないなと
思われる方に是非見て欲しい作品です。
あの気持ちにまた出会えるかは、今月29日までです。
そういえば、そろそろ子供のころわくわくした
夏休みですね。

おまけ
今回は貴重な写真を見ることが出来ました。
世界三大シェーの一枚、ジョンレノンのシェー写真。
ビートルズマニアの方には、すごいサプライズでしたね。











by vacancesclub | 2017-07-08 15:32 | 日記

はま散歩〜HBギャラリーで開催中の夜久かおりさん個展『お外で会いましょう』

本日のはま散歩は、仕事の合間のダッシュの1軒!
f0165332_23090116.jpg
HBギャラリーで開催中の夜久かおりさん個展
『お外で会いましょう』の最終日に
なんとか伺うことが出来ました。
ということで、開催されていましたになりますか(笑

ボールペンを使った繊細な筆致と大胆な構図、
鮮やかなオレンジ色が導くミステリアスなイメージ。
何となく不思議に相反する組み合わせの作品は、
見ていて楽しく、妙に興味を引かれました。

きめ細やかな仕事といい、
夜久さんのこれからの活躍が楽しみですね。
(とちょっと上から目線かな?ゴメンね)











by vacancesclub | 2017-07-05 23:15 | 日記

はま散歩〜『JUN IIDA EXHIBITION [FRIENDS]』へ

この金曜日は、白金台の東京妙案GALLERYで開催中の
『JUN IIDA EXHIBITION [FRIENDS]』へ行ってきました。
新規仕事の打ち合わせから帰宅後、サクッとね。
f0165332_08503767.jpg
この数年毎回、飯田淳さんの個展は、お伺いしておりますが、
いつも新しい表現に挑戦されていて、
すごいな〜と感心させられてばかりです。

しかも、飯田さんの絵というDNAをしっかり刻みながら、
イラストレーションの延長上で展開しているアートと
思っている小生には、カッコいいなぁ〜と心の中で涎もの、
憧れのまなざし……
いつもー勉強になりましたーとお礼を言って帰るのでありますが……

そもそも、個展用など胸を張ってオリジナル作品を作ってない
小生は、その勉強の成果がお見せ出来ないもやもや感と、
素敵な作品を見て高揚する気持ちとの狭間を、
今日もとぼとぼと歩いて帰るのでありました。

そろそろ、小生も、オリジナル作品と向き合わなくてはなぁ、
とは思うのですが……












by vacancesclub | 2017-06-26 08:55 | 日記

はま散歩〜写真展W!

22日のはま散歩は2件の写真展を見に銀座ー渋谷と
駆け巡りました。

f0165332_10585563.jpg
先ずは銀座Art Gallery M84で開催中の
『Jeanloup Sieff写真展「Fashion Portrait」』
小生の大好きな写真家の一人、厳格な構図とシャープ感際立つ
写真は、どこを取っても隙無しという感じですが、
その作品には独特の間というか風通しの良さを
感じてしまうのです。小生には、そこがカッコイイのですが(笑

そして、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の
『ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展』
やっと見に行けました。流石に平日でもお客さんが一杯です。
どこか余裕のある構図というか、プリントも柔らかめか。
シーフに比べると対局とまでは行かないが、
反対のベクトルを向いているのは確か。
しこもソール・ライターは今回の展示でも目玉である、
カラーでの作品作りが秀逸。シーフはご存知モノクロ写真の巨匠。

しかし、この二人が、50年代からファッションカメラマンとして
活躍しており、60年代には「ハーパース・バザー」などで大活躍
しているのは面白い。
よく似た構図のファッション写真を見ながら、シーフなら
この隙間はもっと削除するかなとか、もう少しこちらに回り込む?
見たいに、勝手な想像をしながら見るのも楽しかった。

しかし、このソールラーターのカラー写真は今の時代に
合ってるんだろうなと思う。
今風にいうと、「ご近所写真」か。
その様なスタイルの作品を50年代から撮っているのは、すごい……
しかもまだ未現像のフィルムもあるので、まだまだ作品は
発掘されるそうだ。これもすごい話だ……

偉大な写真家の作品は見て、とても満足な1日でした。
なお、『Jeanloup Sieff写真展』は24日(土)まで、
『 ソール・ライター展』は25日(日)までです。












by vacancesclub | 2017-06-23 23:44 | 日記

はま散歩〜タンバリンギャラリーで開催中の『CSNY展』

この20日は、タンバリンギャラリーで開催中の
『CSNY展』のオープニングに行ってきました。
f0165332_11350128.jpg
流石に大先輩のイラストレーションは、
何か落ち着く感じで、素敵な展示でした。

パーティーでは、最近ご無沙汰していた方や懐かしい方にも
沢山お会い出来たし、プチライブもあって、
最近、小忙しかったので、癒されました。
ありがとうございます。

みなさんホント自由だな〜というのが、一番の実感。
6月25日までです〜!














by vacancesclub | 2017-06-22 11:36 | 日記

クー・ギャラリー『みやこしあきこ展[Secret Talk]』でのトークショー

金曜日は、クー・ギャラリーで開催中の
『みやこしあきこ展[Secret Talk]』でのトークショー
『みやこしあきこ×坂川栄治』に行ってきました。
f0165332_14512503.jpg
あなたは1枚の絵から、物語の始まりから終わりまでを、
紡ぎだすことができますか?

絵本作家みやこしあきこさんの創作は、そんなかたちで
始まるそうです。

普通、多くの人は、何かの話を考える時に、始まりか終わりを
決めてから話を作るのではないでしょうか。

マンガの入門書とかで出てくる、「演繹法」とか「帰納法」とか
いうあれです。
ー1つの描きたいシーンが浮かんで、それを描きたくなるんです。
それを眺めていると、物語が広がっていくのです。
絵は、一枚のときもあれば数枚のときもあります。
ストーリーだけを考えようとしても出てこないんですー
と、淡々と語るみやこしさん。
これはすごいなぁと、聞いていて感心してしまった。

みやこしさんは、2009年の『第25回日産童話と絵本の
グランプリ』での大賞作品「たいふうがくる」の出版を期に、
絵本作家をスタートさせました。
しかし、このコンペには7年をかけてグランプリを手にしている。
まった~りなイメージのみやこしさん、(すみません)だけど、
賞を取ると決めたらやり続ける気持ちには、
静かなる熱意を感じた。

モノクロで描かれた絵本は、その漆黒の闇と光の活かし方が
素晴らしい。ドラマチックです。
そして、小生が何よりも好きなのは、淡々と時間が流れる様な、
ゆったりとした画面構成もあれば、ハイアングルやローアングルを
駆使したドラマチックな画面構成の作品と、まるで映画の様な
感じで、見る者を引き込ませるところ。
ー映画は好きです。特にサスペンスとかちょっと不思議感のある
映画が特にーとみやこしさん

さて、今回の展示は、絵本作家みやこしさんのリトグラフ作品を
メインに、貴重な原画4点もあり、見応えがあります。
(原画も販売されてます)

ー絵本を描く時に、こういう人に向けて描くとか、
大きなメッセージ性があるとかはないです。
ただ読んでくれた人に、自分なりの何かを感じてほしいし、
自分の思いを共感してもらえると嬉しいーと語る、
みやこしさんの作品は、1枚の絵でも、何かを悠然に語り、
また見ている人に物語を膨らまさせてくれるマジックに
満ちています。
それは、いつか見た光景だったり、体験だったり、想像だったり…
まさにこの作品たちは、思い出の扉を開けてくれるタイムマシンの
様でもあり、楽しい物語へ誘う扉でもある様でもあり……

さて、あなたはどちらの扉を開きに行きますか?
魔法の扉に会えるのは、今月28日までです。











by vacancesclub | 2017-06-12 15:10 | 日記

草津温泉へ行ってきました。

この5月27日(土)、28日(日)は、草津温泉へ行ってきました。
天気も良くていい旅でした。
f0165332_20530151.jpg
温泉に入ったり、温泉まんじゅうに温泉卵だの食べ歩き。
草津よいとこ一度はおいで…本当にいいところでした。

高速バスでピュ〜ッですね、リフレッシュ出来ました。

また行こっと。
みなさんも、是非どうぞ。











by vacancesclub | 2017-05-29 20:55 | 日記

5月24日のはま散歩その2

5月24日のはま散歩その2は、
クー・ギャラリーで開催中の『増島加奈美展[Windless]』へ
行ってきました。
f0165332_21503316.jpg
今回のはトークショーには、GW開けということもあって、
お仕事の都合で、伺えませんでした。
やっと仕事も落ち着きましたので、昨日伺いました。

静かに時が止まっているかの様な風景の数々。
[Windless]…風のない。
それは、物理的にいう風のことか……
小生にはその風って、時間のように思えてしまう。

誰しも、それが衝撃的な風景でなくても、
ほんの何気ない風景だとしても、
それを目にした時、気がついたら、
時間が進んでいたとう経験や風景がありはしないか……

増島さん絵には、そんなふとした思い出を導いてくれる風がある。
小生には、その様に思える。
これは、○○を描いているんだなとか、そういうことを忘れて、
ただ僅かな時間でも、じっと見つめていて欲しいなと、
小生には思えた作品です。

5月27日(土)までです。










by vacancesclub | 2017-05-25 21:57 | 日記