ブログトップ

WINDS

kanow.exblog.jp

クー・ギャラリーで開催されました坂川さんのトークショー

15日土曜日は、クー・ギャラリーで開催されましたトークショー
『SWITCHのはじまりーデザイナー坂川栄治が仕掛けた
カルチャーマガジンの熱い時代』に行ってきました。
f0165332_22122654.jpg
今回のクー・ギャラリーでのトークショーは、いつもの展示作家
さんとのトークショーではなく、坂川さん自らが、
雑誌『SWITCH』をデザインをしていた熱い時代を振り返り、
熱く語るという内容。
お話のお相手は、デザイナーの折原さん。
本来は、専門的な内容なので、デザイナー、編集者限定でしたが、
イラストレーターもOKとなり参加してみました。

しかしご安心を、話の途中に差し込んでくる一発ギャグと、
不意を打ってくる話の脱線は、坂川さんのトークショーの名物。
しっかり今回も守ってくれてました(笑

さて、話はラジオドラマ「遠別少年-奮闘編-」みたいな感じで
進行し、いよいよ終盤の『SWITCH』デザイナー編へと
流れて行きます。

85年の創刊号からデザインした『SWITCH』、予算は無いし、
坂川さん自身も誰かにデザインを学んだわけでもないしで、
イラストレーション、手描きの文字、etc、自分が作れるものは
自分で作ったそうです。
自分がカッコいいと思っていた、外国の雑誌のテイストなどを
加え、そして、「どうだ!カッコいいだろう」と言わせる、
新しい誌面を作り上げていったのだとか。
結局、最後は編集長との方向性の不一致やら確執やらで、
坂川さんが途中でADを下りるのだけど、『SWITCH』では、
「雑誌でやりたいことは、やり尽くしたので、
もういいやとも思った」と語った、坂川さん。

ラジオドラマ「遠別少年-奮闘編-」のエンディング風ならば……
『SWITCH』時代は、後にベストセラー本のデザイン請負人、
ブックデザイナー坂川栄治になる大きな実験室だったとは、
その時の坂川青年には、知る良しもなかったのです。
……みたいなですかね(笑

若い時は、「狭く深くいく、ピンポイントで
ウケるところが好きだった」
という坂川さんは、ブックデザイナーになってからは、
万人に売れる為の仕掛けをするデザイナーに変わったのも、
『SWITCH』でとんがったことをやり尽くしたからなんですね。

ここでは、書ききれませんが、『SWITCH』時代の前にも、
その後にも色々な出会いや事件が待っていて、坂川さんの人生は、
本当に波瀾万丈ですが、それを受け入れるだけじゃなく、
全てを楽しんでる感じがします。
波瀾万丈どんとこい!みたいな。

だからこそ、話が聞きたくなるのかなぁ〜
本当にドラマにして見てみたい人生ですね。
そうすると、配役はどうするか(笑

今回も、浜畠がトークショーで勝手に感じたものを記したもので、
?な部分もありますので、念のため(笑
なお、今回の写真はあえてモノクロ、
その理由はトークショーの中にありました(笑












[PR]
# by vacancesclub | 2018-09-18 22:21 | 日記

雑誌のお仕事/宣伝会議様

お仕事のご紹介です。
9月1日発売の、宣伝会議様のお仕事で、
『月刊広報会議2018年10月号』の表紙イラストレーションを
描かせていただきました。
ありがとうございます。
f0165332_21504620.jpg
デザインは、ごぼうデザイン事務所様です。

さて、今回のシリーズは上に伸びていく、
まるでバベルの塔の様な会社ビルが舞台。
いつも楽しいお仕事をさせていただきまして、
ありがとうございます。感謝します。

ようやく、暑さも納まり、仕事にはいい環境になってきました(笑

これからも楽しいラストレーションを描いていきますので、
どうぞよろしくお願いたします。












[PR]
# by vacancesclub | 2018-09-11 21:52 | お仕事

氷川神社のお祭り2018

今年の氷川神社のお祭りも晴天に恵まれ、
素晴らしい日となりました。
感謝します。
f0165332_23131917.jpg

f0165332_23132263.jpg

f0165332_23132555.jpg
今年もお神輿が担げて良かった(笑












[PR]
# by vacancesclub | 2018-09-10 23:25 | 日記

summer card 2018

今頃ですが、残暑お見舞い申し上げます(笑
f0165332_22535434.jpg

今年の夏は暑かったですね。

おかげさまで、仕事も熱かったです(笑


まだまだ暑い日が続きそうです。

ご自愛ください。


これからもよろしくお願いいたします。













[PR]
# by vacancesclub | 2018-09-02 22:55 | 日記

クー・ギャラリーで開催中の 『オオノ・マユミ展[Colorful Journey]』でのトークショー

金曜日は、クー・ギャラリーで開催中の
『オオノ・マユミ展[Colorful Journey]』でのトークショー
『オオノ・マユミ×坂川栄治』に行ってきました。
f0165332_22355209.jpg
お久しぶりです。
ここのところ、小忙しかったのでお休みしていました、
クー・レポ。
今回、坂川さんが名付けた「色の魔術師」オオノ・マユミさんの
展示から再開です。
流石、坂川さん、外連味の無いネーミングに、納得しました。

さて、ギャラリーに入ると無数の色が押し寄せて来ます。
まさに「色の魔術師」、今までクー・ギャラリーの展示を、
ほとんど見て来ましたが、ここまで色の洪水に飲み込まれた
ことはありませんでした。
その色や形が計算し尽くされた花の作品が60点。

その元は、オオノさんが1日1枚描き続けた誕生花の作品
『Flower 366』。
旅行先にもノートPCとタブレットを持参し、
1日1枚描き続けたという。
今風にいうと、「オオノ半端ないって」でしょうか
(呼び捨で、失礼しました)

しかし、これらの作品の色は、別に何かを参考にすることも無く、
サクッと決めてしまうというのはスゴイ。
その秘密は、子どもの頃の体験というか経験というか、
オオノさんの環境にあったといえると思いますが、
この話はトークショーに来た人だけが聞けたということで(笑

先ず、花のフォルムや色は写真資料を参考に、ある程度、
固有の形を残しつつ、自分の面白いと思う形を追求し
30分くらいで描いてしまうそうで、もっとも時間を
かけているのは、毎日描き続けているので、
同じ様な構図、色味が並ばない様に整えるのことを
大事にしたとのこと。
ただ花を描くということではなく、先ず1枚をそして全体を
トータルにデザインして描き上げたのが、この作品群なのですね。
小生が思うに、まさに北斎の『富嶽三十六景』です。

特に色に関しては、使っているプリンターは普通に売っている
インクジェトプリンターではあるが、色のプロファイルなどを
色々と試し、自分の求める色を追求したというから、
ほんとにスゴイ。
逆に印刷等、外注したら求める色は表現出来なかったで
あろうというから……
もう一度言います。
「オオノ半端ないって〜」(失礼しました)

さてさて今回、小生が思ったのは、このデザイン化された
作品群は、花という題材を利用したオオノさんの壮大な
色と形の表現実験では?という気がしました。
まさに幻想的。

その「色の魔術師」オオノ・マユミさんのイリュージョンは
始まったばかり、
その講演は7月21日までです。











[PR]
# by vacancesclub | 2018-06-30 22:51 | 日記