ブログトップ

WINDS

kanow.exblog.jp

クー・ギャラリー『鈴木美貴子展[WARM METAL]』でのトークショー

土曜日は、クー・ギャラリーで開催中の
『鈴木美貴子展[WARM METAL]』でのトークショー
『鈴木美貴子×坂川栄治』に行ってきました。
f0165332_16041864.jpg
今回の作品は金属を加工した、一種工芸品とでも言える様な作品です。
切断したアルミ、真鍮の金属パーツを組み合わせた感じで、
それぞれの金属が持つ特有な色や、着色した金属の色が、
まるで塗り絵の様に、人物、動物、植物などを形作っています。

鈴木さんは、美大で彫金を学んでおり、線画が好きということもあり、
このスタイルに至きっかけになったとのことです。
スゴイのが、卒業後の最初の個展で、手応えを感じ、
このスタイルのままフリーになったということ。

別に、就職の経験がある訳でなく、色々なスタイルを経て…
ということでもないのですね。
ストレートに邁進してきたという、これは、本当にスゴイ。

では、、スゴイお話その2は、メルヘンチックで可愛い作品からは、
想像も出来ない制作過程があります。
髪の毛程の細い糸ノコを駆使し作品を作るそうですが、その後磨いたり、
薬品も使うなど、金属を切断する音は大きく、鉄粉は舞い、
薬品の匂いが充満するアトリエ…うるさい、臭い、汚いの最悪な環境…
その中で手ぬぐいを頭に巻き、格闘する鈴木さん。
しかし、作品を作っている時が、一番落ち着くとも言われました。
まさに、職人さん。
トークショーで聞ける作家さんの裏話、こういうところが面白いですね。
まだまだ色々ありますが、書ききれないので、制作裏話はこのあたりで。

スゴイお話その3は、こんなにメルヘンチックな世界観を
持っているのに、幼い頃から、絵本も映画も、
ほとんど見たことがないそうです。
資料のほとんどは、色々と行った海外旅行の写真。
かなりの数の国に行かれてたそうで、その体験が
想像力を膨らませているんですね。

ーこれからも、もっともっと、個々のフォルムの完成度を求めたいーと
言われる鈴木さん。
それは、上手くなるということではなく、
自分の求めているフォルムを形にしたいということでの完成度。

ということで、今回は、スゴイお話の連続でしたが、
メルヘンチックな作品は、個展タイトルとおり、金属でありながら、
暖かみがあり、柔らかさまで感じます。

さぁ、この愛らしい作品たちに合えるのは、今月30日まで。
春風に軽く押されて、メルヘンな世界へ、どうぞいってらっしゃい。











[PR]
by vacancesclub | 2017-03-19 16:07 | 日記
<< 雑誌のお仕事/宣伝会議様 JAZZっていいですね。 >>